学んで身になる研究会

活動内容

平成18年度

第5回ボバース研修会開催

 2007年2月18日に第5回ボバース研修会開催を開催しました。
 今年度の総まとめとして、実技・講義を行ないました。マニュアルコンタクトやキーポインツオブコントロールなど、基礎的なおさらいと、応用ハンドリングを教えて頂きました。

Synovial Joints Facilitaiton開催

 2007年2月4日に整形部会の特別研修会「Synovial Joints Facilitaiton」が開催されました。講師は岡山大学の築山尚司先生で、1日かけて非常に丁寧に教授頂きました。また、JF研究会よりアシスタントの先生方も数名来て頂き、非常に充実した研修会となりました。

第3回整形疾患部研修会開催

 前回に引き続き、本校1期生の岡山大学の太田先生に骨関節系のアプローチに関する研修会を行いました。骨関節系に留まらず、「臨床のためになる」話しをたくさんして頂きました。アンケートの結果では、特に新人の先生方に評判良く「基礎的なことが大切だと再認識できた」「明日から新たな気持ちで臨床に挑もうと思った」などたくさん意見を頂きました。

第2回PNF研修会開催

 整形疾患部第2回研修会「PNF」を開催しました。
 講師は、本校理学療法学科教員の森本先生でした。
 今回も50名を越えるご参加を頂きました。森本先生、受講生の皆さんありがとうございました。

神経部会特別研修会開催

 2006年9月30日から10月1日にかけて姫路獨協大学の弓岡先生による特別研修会を開催しました。初日は実際の患者様に協力して頂き、デモンストレーションと体幹のハンドリング実習、2日目は上肢・下肢のハンドリング実習と発達学の講義を行いました。50名を超える参加者ありがとうございました。

認知運動療法研修会開催

 2006年7月22日に朝日リハビリテーション専門学校の酒井先生をお招きし、研修会を開催しました。約40名のPT・OTに参加して頂き、遠方からの参加もありました。アンケートにおいても”とても勉強になった””認知運動療法の理論を理解できた”など多くの意見を頂きました。ご参加下さいました先生方、誠にありがとうございました。